症状で違う

B型肝炎で訴訟を起こした場合には症状によって給付金が違っています。肝臓がんや重度の肝硬変になってしまった場合、それから軽度の肝硬変になってしまった場合、さらには慢性肝炎や無症候性キャリアの場合とで、それぞれに金額が違います。また、このような給付金については発症してから20年の間に請求のまま過29ごしてしまうと、受け取れる金額が大幅に減ってしまうので注意してください。20年が経過してしまうと、治療中の慢性肝炎や軽度の慢性肝炎さらには、無症候性キャリアとそれぞれに驚くほど金額が少なくなってしまうのです。

自分の意思とはまったく関係のないところでB 型肝炎を患ってしまい、治療によって金銭的な負担が大きくさらには心にも大きな傷を負っている状態ですので、早めに訴訟を起こしましょう。B 型肝炎の給付金については国が定めているものですから感染経路次第で必ず受け取れると言っても過言ではありません。まずは感染してしまった記録そのものをしっかりと証明するための書類が必要です。給付金を受けることによって、これまでの治療費や、これからの治療費に充てんすることができるでしょう。

弁護士さんにお願いすればスムーズに手続きを進めてくれますので、自分で行うことは非常に少ないです。面倒がらず、まずは相談することから始めましょう。

参照資料【B型肝炎訴訟・給付金請求なら弁護士法人アディーレ法律事務所