訴訟手当金も出る

弁護士さんに依頼してB型肝炎おける訴訟を行う場合には弁護士費用が必要になります。ここでの弁護士費用は、とても高くなってしまうと心配する方もいるようです。しかしそんなに大きなものではなく、一般的には給付金全体の中から8%前後と思っていて問題ありません。また、弁護士費用に関しても日本では一部を負担してくれますので、全てを患者側が負担する必要はありません。B 型肝炎訴訟を起こす際にかかった弁護士費用の約4%までを国が負担してくれるといった決まりがあります。

それぞれの弁護士事務所によって給付額全体の何割といった形で弁護士費用が決まっていますので、このあたりに関しては敏腕で尚且つ実績を持つ法律事務所などを選ぶと良いでしょう。正規に必要となってくる書類等に関しても専門家の指示を受けながら揃えていくことになります。そのため、わからないことが無くスピーディーに手続きを進めることができるでしょう。

特に発症から20年が迫っている方は今すぐにでも行動を起こした方が良いと言えます。訴訟を起こしてから最終的に和解が成立し給付金が支払われるまでは、およそ1年程度の時間が必要ですので早く行動を起こせば起こすほど、給付金受け取りのタイミングも近づくといえるでしょう。